施術の方法やクリニックを選ぶコツについて

サイトメニュー

ミニ切開なら費用も安い

鏡を見る女性

永久的な効果を得られる施術

はじめて二重の整形をするのが埋没法という人は、圧倒的多数に上ります。しかしながら、埋没法は永久的ではなく、そのうち糸がほつれてきてしまうため、結果的には元通りになってしまうという特性があるのも事実です。そこで、注目されているのが永久的な効果を得ることができる二重整形の方法です。その一つに、ミニ切開という方法があります。注目の理由は、永久的に効果が持続すること、それに加えてダウンタイムが短いという点にあります。まず、ミニ切開の場合位は二重のラインに沿ってメスで切開を行います。ただし、注意しなければならないことは、この手術では皮膚を除去することができないため、腫れぼったい瞼の整形には適していないということです。二重ラインに沿って切開をすることから、切開ラインが目立つこともなく、仕上がりがとても自然になります。気になる費用に関してですが、片目につき13万円前後が相場となります。通常、二重整形は両目に施すことになるため、費用はその二倍かかることが想定できます。

実は、自由度が高いのがミニ切開の手術方法です。瞼の特徴に合わせて手術方法を自由に変えることができるため、個人の特性に合わせた手術ができるのです。埋没法のようにすべて同じ施術方法を採用するというわけではないので、自分の瞼の状態に合わせて手術方法を選ぶことができます。ミニ切開と一言で言っても種類は様々です。例えば、腫れぼったい瞼の場合には、内側の脂肪を除去することができます。脂肪を除去せずに二重ラインを整形しても、腫れぼったさは残ったままになってしまいます。そのため、瞼の腫れぼったさの原因である脂肪を取り除き、腫れぼったさを解消することできれいな二重ラインを整えるのです。これは美容外科医の優れた技術力と長年の間隔が必要になりますが、仕上がりがとても美しくなります。他にも、きれいな二重整形ラインを人工的に作り出すための方法として、皮膚と挙筋腱膜を縫合する手術が採用されています。これもミニ切開の一種です。手術費用に関しては手術内容が複雑化しても、費用に変わりはないです。

Copyright© 2019 施術の方法やクリニックを選ぶコツについて All Rights Reserved.